細部のクリーニング

| 未分類 |

車も使っていれば汚れるのでクリーニングしなければなりませんが、車に限らず物を洗う際にどうしても洗う場所として苦労するのが細部でしょう。特に車は面積が大きく、更に洗いにくいところも多いので尚のこと見落とすことが多いです。テクスチャー15

 

見落とすことで何かしら不都合が起きる可能性もあるので、忘れずにそこも洗っておきたいところです。洗車において見落としやすいのはナンバープレートやウォッシャーノズル、バンパーとそして意外とワイヤーもあります。ナンバープレートの場合は傷がつきやすいので、スポンジのようなやわらかい物で水をかたけ後に拭きましょう。落ちない汚れはブラシやコンパウンドを利用します。ウォッシャーノズルも同じく水をかけた後にブラシで落とし、特に汚れやすい吹き出し口は何か詰まっているのなら針金等を利用して取り除きましょう。

 

 

バンパーもあまり強くやると壊れてしまうので、こちらもスポンジ等のやわらかい物で洗います。ワイパーも同様です。まとめるとこうした細部のものは全体的に丈夫でないことが多いので、やわらかい物で洗った後に、落ちない汚れはブラシ等を利用した方がいいということになります。もちろん水も共通して利用することになるので、洗い終わった後はしっかり拭いておきましょう。