洗車+αでピカピカにしよう

| 未分類 |

テクスチャー14

 

きれいなクルマを運転するのは気持ちの良いものです。泥はねなどでクルマが汚れてきたら、そのまま放置するのではなく、時間を見つけてきれいに洗車してあげると良いでしょう。放置すると、見栄えが悪いばかりでなく、汚れがこびりついて落ちにくくなりますので要注意です。

 

 

まずは、スポンジを使って水洗いをします。カーシャンプーを使っても良いでしょう。カーシャンプーは普通の安い物で十分です。ワックス成分の入ったシャンプーもありますが、クルマを洗ったあと別にワックスやコーティングをする場合は無意味になってしまいます。

 

 

水洗いすると、大まかな汚れは除去できます。しかし、近付いてよく見てみると、細かな汚れがたくさんついていることに気付かされます。そして、この小さな汚れがなかなか除去できずやっかいなのです。落ちにくい小さな汚れの代表がタールや鉄粉などです。運転していると、いつのまにか付着してしまいます。

 

 

タールや鉄粉はスポンジ洗いでは除去できません。タールや鉄粉を除去する粘着力のある専用粘土で根気よくこすったり、コンパウンド剤で磨いたりする必要があります。手で触ってみて、ボディの表面のザラザラ感が無くなったら、ワックスやコーティングに移ると良いでしょう。コストパフォーマンスと手間を考えると、耐久性のあるガラスコーティングなどがオススメです。